『別冊 關學文藝』

関西学院創立百周年(1989年平成元年)に、關學文藝部OBにより『關學文藝 100周年記念特別号』が発行されました。これを契機として、翌年『別冊 關學文藝』が誕生。以後年2回の発行を続け、関学文藝部OB以外の同人・会員も加わり現在63号を発行。 発行者=伊奈忠彦(同人代表)  

2022年6月11日土曜日

落山泰彦「忍び音」

 同人:落山泰彦氏が    

『忍び音』を

発行されました。


 『忍び音』(非売品)

 発行人:落山泰彦(著者)

 発行日:2022年 令和4年5月25日

 編集人:伊奈忠彦

 表紙画:吉田純一

 印刷所:銀河書籍(有)ニシダ印刷製本































忍び音ー追悼三話ー

(一)紀行 ベトナムをゆく・・・・・(1)

     ー亡き妻を偲んでー

   2021年11月『別冊關學文藝』第六十三号より

(二〉人生の思い出・・・・・・・・・(41)

     ー亡き妻を偲びつつー

(三)正吉先生の思い出・・・・・・・(70)

     ー作家 織田正吉を偲んでー

   2022年5月『別冊關學文藝』第六十四号より

    






2022年6月1日水曜日

別冊關學文藝 第六十四号

 発行:  2022年令和4年 5月25日

       印刷所:銀河書籍 (有) ニシダ印刷製本

      表紙画:吉田純一   カット: 吉田純一 ・ 柴田 健





















(創作)

メリーゴーランド      浅田厚美

売り逃げ           美馬 翔

銀色の遠景 萩子      一藁英一

きらめぃて                    知鬼遊仁

アイドル映画 ワン・ツー・スプリング 0       松村暢 

新街談録 (その5)     森岡久元

  

 (詩)

テレジンの蝶          森 清

白毫寺村墓地の榎         山添孤鹿

髑髏                                                中嶋康雄

               

(文学通信たまづさ)

関学文芸部の新たな一歩                  宮崎加南子

中村哲医師追悼写真展を終えて           西出洋文  

 

 (エッセイ)

天神堂甲梅の講談日記(四)           天神堂甲梅

私の芭蕉布物語                      岸本千賀子

山寺便り  施餓鬼                岡村文夫

65歳                    桂 未希

感ずるところあり 墓参りの日々 断捨離 福井貞孝

随想三話                             奥喜代孝 


(ブログ)

「文学逍遥 伊奈文庫」再録(抄)第24回

                伊奈遊子(ゆうし) 


(追悼の記)

正吉先生の思い出 ー作家・織田正吉を偲んでー  落山泰彦

母・松本房枝の遺言   ー総会屋の女房ー         松本篤弘

  

(文芸トピックス)

 

(編集後記)   浅田厚美  伊奈遊子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   






2022年1月31日月曜日

2022年1月28日 神戸新聞同人雑誌評      浅田厚美「フミの畑まで」                       

 神戸新聞同人雑誌評に、『別冊關學文藝』第63号

浅田厚美「フミの畑まで」が取り上げられました。




























浅田厚美「フミの畑まで」。
施設に入ったフミの父親に代わり、畑を世話してくれていた
叔父から、畑仕事がつらくなってきたから手伝ってほしいと
言われ、自転車で1時間かけて畑に通うようになる。炎天下
に草抜きをし、かたくなまでに畑仕事に徹するフミは、自分
に紐づけされた「畑」の存在が疎ましくなる。
 ある日、茶毒蛾に刺されてじんましんが出た。駆除するた
めに畑に行くと、事情を知った叔父がすでに雑草をきれいに
刈ってくれていた。人の優しさが心をほぐし、それを受け入
れる過程が心地よく描かれている。







2022年1月15日土曜日

別冊關學文藝第六十三号 合評会

  別冊關學文藝第六十三号合評会開催

   日時:2022年令和4年 1月10日。
      場所:大阪市立生涯学習センター (大阪駅前第2ビル)                         
                                         

※写真をクリックしてください。全体が見えます。










2022年1月13日木曜日

奈良新聞社広報「詩集 南都憂愁」               奈良新聞DIGITAL より

 
















A5判、上製本、本文104ページ

定価 :
1,540円(税込)
送料 :
310円
著者 :
山田武雄



地元愛に満ちた24の詩想


 奈良市在住の山添孤鹿(やまぞえ・ころく)氏による「詩集 南都憂愁」を発刊しました。


 平城宮跡や東大寺、薬師寺、法隆寺をはじめ地元・奈良の名所・旧跡・社寺などを舞台

に、椋鳥(むくどり)、鷭(ばん)、燕、長元坊(ちょうげんぼう)など多数の野鳥や動物を登場

させて、地元愛に満ちた詩想を展開しています。各種の年中行事も取り上げ、歴史的、文

化的な背景を追うだけでなく、社会派的な視点で対象に切り込んでいます。


 3章24編の作品からなり、各章の扉には著者撮影の美しいカラーの風景写真が6点添えら

れ、読者がまるで古都に居るような臨場感を与えてくれています。


 著者は本名・山田武雄。  関西学院大学名誉教授。アメリカ文学専攻の文学博士で、

20世詩人 ロバート・フロスト研究で知られます。



出版物のお問い合わせ

窓口奈良新聞社 出版係(平日10時~18時)
TEL・FAXTEL:0742-32-2117  FAX:0742-32-2773
MAILpublishing@nara-np.co.jp















「詩集 南都憂愁に寄せて」 伊奈遊子


























「詩集 南都憂愁」各詩 山添孤鹿 作品発表履歴

      奈良新聞社発行「詩集 南都憂愁」  

                     
「詩集 南都憂愁」におさめられた詩は、
『別冊關學文藝』に発表されてきた詩を
           まとめられた詩集です。

山添孤鹿(山田武雄) 詩 掲載履歴

1989年(平成 元年)


2010年(平成22年)


2011年(平成23年)




2012年平成24年)




2013年平成25年)




2014年平成26年)


2015年平成27年)




2016年平成28年)




2017年平成29年)


2018年平成30年)




2019年(令和 元年)




2020年令和 2年)





2021年(令和 3年)