関西学院創立百周年(1989年平成元年)に、關學文藝部OBにより『關學文藝 100周年記念特別号』が発行されました。これを契機として、翌年『別冊 關學文藝』が誕生、文藝部OB以外の同人・会員も加わり現在に到っています。※発行所=「別冊關學文藝」事務局・第41号より澪標内            入力=伊奈忠彦 『別冊關學文藝』代表

2018年5月3日木曜日

別冊關學文藝 第五十六号

 
 
 
 



 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2018年平成30年5月10日発行

編集人   浅田厚美  発行人 松村信人
発行所 「別冊關學文藝」事務局(澪標 内)

表紙(石阪春生) カット(柴田 健)


創作  

まだふみもみず              (浅田厚美)
途半ば                   (松村信人) 
女嫌い(第二回)              (美馬 翔)
         
  

青丹よし平城の都は             (山添孤鹿) 
狭い道                   (中嶋康雄) 
粉飾                      (中嶋康雄)
膿屋                        (中嶋康雄)
柿の木                                                          (中嶋康雄)

               
文学通信たまづさ
ある詩人の墓所で             (竹廣裕子) 
「小沼丹生誕百年祭」のこと         (吉田純一)

                  
 
ブログ
「文学逍遥 伊奈文庫」再録(抄)(第16回)(伊奈遊子(ゆうし


エッセイ
パスポート                    (塩谷成子)
山寺便り「大日堂」             (岡村文夫)
四十一年目の入院              (和田浩明)


ノンフィクション
石や岩の奇談                 (落山泰彦)
志賀直哉の影を追いかけて、
 尾道新地、道後松が枝町、祇園新橋通     (森岡久元)

 
文芸トピックス
  
編集後記  浅田厚美  松村信人
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 



 神戸新聞朝刊

2018年平成30年7月28日土曜日掲載

同人誌評 野元 正・作家)

浅田厚美 『まだふみもみず』 評

 「別冊關學文藝」(大阪市中央区内平野町2の3の11
の202・澪標内)浅田厚美「まだふみもみず」。滋賀
県近江八幡市で生まれ育った私。嫁ぎ先の大阪のある町
では、私が子どもの頃から好きだった百人一首カルタが
盛んだった。区大会出場には同じ町内から3人一組の2
チームが必要で、私の所属するチームは定員ぎりぎりの
6人のうえ、60歳の私が若手というほど高齢化も進む。
そこに練習熱心で熟練者である30代の小川さんが入る。
女はメンバーの顔を覚えられない。表題「まだふみも
ず」の上の区「大江山」の歌が私のおはこと思い込み、
私を「大江さん」と呼ぶ。
 区大会の場面では、各メンバーのおはこへのこだわり、
相手の強さに翻弄されて完敗した私の心情、小川さんの
活躍などを巧みに描写。一方で、子どもの頃の私の家族、
初恋の人との思い出を絡めているのが物語に深みを与え
ている。

松村信人 『途半ば』 評

同誌の松村信人「途半ば」。加古川市出身で詩人の松村氏                の小説を初めて読んだ。新雑誌「カードトライ」創刊の経              緯を描いており、創刊に力を貸した愛宕老人に人物描写が               際立ち、昭和を感じさせる作品だ。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
 
森岡久元さんが
『尾道新地の志賀直哉』と題するエッセイを、尾道の新聞社
「山陽日日新聞」に寄稿され三日間に渡って掲載されました。
      
      
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
このエッセイは『別冊關學文藝』第五十六号掲載『志賀直
を追いかけて、尾道新地、道後松が枝町、祇園新橋通』をも
とに、尾道新地に焦点をしぼり、短く書き直されたものです。   
 
掲載は
平成30年10月19日(金)20日(土)25日(木)。