関西学院創立百周年(1989年平成元年)に、關學文藝部OBにより『關學文藝 100周年記念特別号』が発行されました。これを契機として、翌年『別冊 關學文藝』が誕生、文藝部OB以外の同人・会員も加わり現在に到っています。※発行所=「別冊關學文藝」事務局・第41号より澪標内            入力=伊奈忠彦 『別冊關學文藝』代表

2011年11月21日月曜日

海部洋三詩集 (海部洋三)


























(発行所=編集工房ノア)
2000年平成12年11月発行

 著者  海部洋三(かいべようぞう)
   『別冊關學文藝』同人



【収録詩集】

『鰯雲』 『干潟の風景』以後未刊行詩集

『干潟の風景』 
1985年昭和60年1月「編集工房ノア」刊

『置時計とカットグラス』
1960年昭和35年2月「六月社」刊

『湿度計』
1957年昭和32年4月「関學文藝」刊

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

      海部洋三著『海部洋三詩集』表紙の帯コメント

                      風景に投影される

                   憂愁と倦怠、あるいは癒やし.

                われわれは この風景によって

時間の陰影、精神の摩滅がいかに美しいかを

的確に知ることができる・・・。 喜志邦三




























尾道物語 姉妹編 十八歳の旅日記 (森岡久元)





















(発行所=澪標みおつくし)
2010年平成22年9月発行
著者は『別冊關學文藝』『姫路文学』
『酩酊船』同人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 収録作品 初出誌 】


ストローハットの夏 『別冊關學文藝』第三十九号

ペリット          『別冊關學文藝』第三十二号

十八歳の旅日記   『別冊關學文藝』第四十号集





2010年10月2日(土)

山陽日日新聞に本書が取り上げられ

紹介されました。


森岡久元さん 頼山陽の「叫び」現代に

 尾道物語・姉妹編

 小説『十八歳の旅日記』上梓


    幼少期から青年期を尾道で育った作家、森岡久元さ
(東京都)が新しい小説集『十八歳の旅日記』を澪標
(大阪市)から上梓した。これまで刊行した「尾道物
語」の姉妹編で、自身10冊目の小説となる。
                   【幾野伝 
 自分に悩む男子高校生が少し不思議な体験から自信を
持とうとする青春物語「ストローハットの夏」、都会で
姉と弟のこれまた不思議な冒険ストーリー 「ペリット」
、表題作の「十八歳の旅日記」の3篇を収める。


 「十八歳の旅日記」は、尾道にもゆかりの儒学者で詩
の頼山陽(頼久太郎)が書き残している
絵日記「東遊
漫録」をめぐる物語。同じ探求心で集う男が、18歳
の時にめて広島から竹原、糸崎、尾道、神辺などを通
って江戸まで旅した山陽の心情を手繰り寄せながら、
こに秘められた青春の葛藤や真実に迫り、現代社会を焙
り出そうと試みた労作。

 1940年生まれの森岡さんは、母親の古里尾道に
4歳の時から暮らし、久保と土堂小学校、長江中、
尾道商業高校に学んだ。学当時、活発だった文芸部
の同人誌に小説を書たのが始まり。関西学院大学に
進学し、同人誌「姫路文学」に参画、本格的に創作
をスタートさせたが、卒業と同時に就職、その後、
会社を興して経営者になったことから、長年筆を休
んでいた。
  
 15年ほど前に休刊していた「姫路文学」が復
され とを切っ掛けに書くことへの情熱が再
湧き上がり、 ンピュータ関連部品の販売会社
トップを務めながら同人 誌などへの執筆を続け
いる。今回収載した3篇も同人誌 「別冊關學文藝」
に初出誌した作品。

 尾道での少年から青年期の体験、思い出をもとに描
『尾道渡船場かいわい』が2000年の第7回神
戸ナビー文学賞を受賞、その後も『ビリヤードわく
わく亭』『尾道物語・純情篇』『サンカンペンの壷』
『尾道物語・幻想篇』『恋ヶ窪』と毎年1、2冊ずつ
コンスタントに世に送り出している。

 後書きで「現代の少年たちと同様に、二百年前の頼
苦しんだ、心の闇からの叫びが秘められている
のではないかと。その隠された真実を推理しつつ、わ
たしの故郷である尾道をめぐる、現代の物語として書
きました」と森岡さん。電話での取材には、「会社の
仕事からも離れ、やっと自分の時間が持てるようにな
ったので、これからっと精力的に書いていきたい」
と話していた。 定価本体は1600円、啓文社各店に
も平積みされている。











恋ヶ窪 (森岡久元)

(発行所=澪標みおつくし)
2009年平成21年10月発行



著者は『別冊關學文藝』
『姫路文学』『酩酊船』同人







【収録作品 初出誌】

恋ヶ窪

『別冊關學文藝』第三十七号

神楽坂百草会
『別冊關學文藝』第三十八号

鹿児島おはら祭り
『酩酊船』第二十一集









尾道物語 幻想篇 (森岡久元)

(発行所=澪標みおつくし)
2008年平成20年10月発行



著者は『別冊關學文藝』
『姫路文学』『酩酊船』同人





【収録作品 初出誌】

奥の池のギンヤンマ

『別冊關學文藝』第三十五号

横綱が飛んだ、あの9月
『別冊關學文藝』第三十六号

まもるのアーチ
『姫路文学』第百十八号

先生の悔やみ状
書き下ろし

片隅の季節
『別冊關學文藝』第二十五号














2011年11月20日日曜日

サンカンペンの壷 (森岡久元)

(発行所=澪標みおつくし)
2008年平成20年1月発行



著者は『別冊關學文藝』
『姫路文学』『酩酊船』同人






【収録作品 初出誌】

サンカンペンの壷
『姫路文学』第百十六号
コンゴからのエアメール
『別冊關學文藝』第三十一号
新橋裏道のリリー・マルレーン
『姫路文学』第十七号
歌のゆくえ
『別冊關學文藝』第三十四号










尾道物語・純情篇 (森岡久元)

ビリヤードわくわく亭 (森岡久元)

(発行所=澪標みおつくし)
2004年平成16年4月発行



著者は『別冊關學文藝』
『姫路文学』『酩酊船』同人





【収録作品 初出誌】

ビリヤードわくわく亭
『別冊關學文藝』第二十四号
秋の手紙ー還暦のあなたへ
『姫路文学』第一一〇号
市ヶ谷左内坂
『姫路文学』第一〇七号
音がはずれてるよ
『別冊關學文藝』第二七号






尾道渡船場かいわい (森岡久元)

 



















(発行所=澪標みおつくし)
2000年平成12年11月発行
著者は『別冊關學文藝』『姫路文学』
『酩酊船』同人


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【収録作品 初出誌】

尾道の一番踏切
『別冊關學文藝』第二十号・第二十一号


おとぎ草紙をもう一度
『別冊關學文藝』第十八号


ふたたび祭りの日に
『姫路文学』第一〇六号


尾道渡船場かいわい
『姫路文学』第一〇四号・第一〇五号
※「尾道渡船場かいわい」は
  平成12年 神戸ナビール文学賞受賞

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ブック探検隊

家族のあり方について考えてみたくなる本。ストレスの多い時代に
ものの見方を変えて、気持ちを楽にしてくれる本。今月も選りすぐり
本をご紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
家族って何だろう
みんなで卓袱台を囲んだ「あの時代」。
夫婦別室もあたりまえの時代。
家族について考えてみたくなる本。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちゃぶ台を囲んでおじいちゃん、おばあちゃんも揃って夕食を摂
る・・そんな風景が当たり前だった時代がときどき懐かしく思
い出されます。核家族化が進んだ今日「家族」のかたち、「家庭」
の様子もずいぶん変わってきました。私たちの子ども時代を彷彿
とさせてくれる小説や現代を象徴する本を探してみました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『尾道渡船場かいわい』
 戦後10年、まだみんなが貧しかったころは、人との距離が近か
った。本書を読むと、貧しくとものんびりとした、そんな時代が目
の前によみがえってくる。

 「姉妹三人が縁台に座って、売れ残ったスイカやマクワウリを食
べるのが楽しみだった」(「尾道の一番踏切」ーー経済事情、住情
が許さなかった時代であるから、必然と大勢の人々にまみれての生
活である。その分たくましくもなった。
 「棒切れを振り回したたきあいをして、手足に打身や切り傷、擦
り傷は絶えなかったが、ふしぎに誰一人、怪我らしい怪我をするこ
とはなかった」(おとぎ草紙をもう一度)ーーー喧嘩はしても、ワ
ルガキどもでも、一定のルールは守っていた時代なのである。
 
 『尾道渡船場かいわい』は、「高須さん」が青年時代に書いた自
分の小説を見つけ、それを読み返しているうちに昭和三十年代の日
々がよみがえってくるという話。

 著者は四歳から一八歳までのもっとも多感な時期を広島・尾道で
過ごし、それがこの小説のベースとなっている。ノスタルジックな
描写もあるが、淡々とした筆運びや登場人物がさらに小説を書いて
いた、という重層的な手法が効果を奏し、時代がいきいきとよみが
えっている。その背景には『尾道」という町の地形的・文化的な特
徴も一役かっているのだろう。

 大阪と下関の中間に位置し、港町として早くから開けていた尾道
は、瀬戸内海に浮かぶ数多くの島々、背後に控える低い山々、その
中腹や山頂に立つ寺々の山門を持つ町で、江戸時代の文人、大田南
畝が立ち寄ったこと、志賀直哉の旧居があることでも知られている。
そんな故郷を想う描写は、その地に足を踏み入れたことがない読者
でも「訪ねてみたい」と思わせる。願わくば、佇まいが当時のまま
であらんことを。そうは願うものの、町の様子も変化してしまうだ
ろう。しかし、時代が移ろいでも変わらぬ感覚と想いがあることを、
この小説は教えてくれる。










花に背いて眠るー大田南畝と二世蜀山人(森岡久元)

崎陽忘じがたくー長崎の大田南畝 (森岡久元)

南畝の恋ー享和三年江戸のあけくれ (森岡久元)

 





発行所=澪標(みおつくし)
1999年平成11年発行
著者は「別冊關學文藝」「姫路文学」同人


【収録作品】

南畝の恋ー享和三年江戸のあけくれ
          『姫路文学』一〇一号、一〇二号
 天明狂歌師紀聞  『姫路文学』一〇〇号
 天明二年の大田南畝『姫路文学』九九号






2011年11月14日月曜日

別冊關学文藝 第四十三号















2011年平成23年11月20日発行

編集人 浅田厚美  発行人 松村信人

発行所 「別冊關學文藝」事務局(澪標 内)

表紙(石阪春生) カット(柴田 健)


創作
慕情(多冶川二郎)
連作パート(1)狼たちの挽歌 
連作パート(2)絶望という名の希望
連作パート(3)釜が崎ブルース
フォーチュン・クッキー(浅田厚美)
黒潮の歌(和田浩明)
秦准遊廓細見( 森岡久元)

書評
思考する読書(VOL.3)(今西富幸)

俳句
八月尽(川村文英)


愛別離苦(海部洋三)                
藤と三光島(山添孤鹿)
挽歌(松村信人)

エッセイ
万葉の歌碑を巡る 老生の明日香(第2回)(山口 毅)
パートナーシップ(竹内のぞみ)

ブログ
文学逍遥 伊奈文庫(第3回)(伊奈忠彦)

文芸トピックス(同人雑誌時評 ほか)

編集後記  浅田厚美  松村信人