関西学院創立百周年(1989年平成元年)に、關學文藝部OBにより『關學文藝 100周年記念特別号』が発行されました。これを契機として、翌年『別冊 關學文藝』が誕生、文藝部OB以外の同人・会員も加わり現在に到っています。※発行所=「別冊關學文藝」事務局・第41号より澪標内            入力=伊奈忠彦 『別冊關學文藝』代表

2016年4月21日木曜日

別冊關學文藝 第五十二号








2016年平成28年5月1日発行

編集人   浅田厚美  発行人 松村信人

発行所 「別冊關學文藝」事務局(澪標 内)

表紙(石阪春生) カット(柴田 健



創作
埋門(うずみもん)           (森岡久元)
ビアトリクス・ポター・マニア(三)  (浅田厚美)
叔父たちの戦争            (名村 峻)
 武士に二言なし(私の見合い結婚)後篇 (美馬 翔)
課長は仕事がお好き         (石川憲三)
円空、慈愛を彫る           (江竜喜信)
    

巫(かんなぎ)伝承          (山添孤鹿) 
カラス                (中嶋康雄)
沼の家                (中嶋康雄) 
徒労                 (中嶋康雄)
余熱                 (中嶋康雄)
白蝶                 (中嶋康雄)
 春                    (松村信人)

 
ブログ「文学逍遥 伊奈文庫」再録(抄)(第12回)(伊奈遊子(ゆうし)


ノンフィクション
三たび さゝやかな放送ウラばなし   (和田浩明)


エッセイ
獏枕(ばくまくら)             (塩谷成子)

 
編集後記  浅田厚美  松村信人
 

同人雑誌時評 野元 正) 

神戸新聞(2016年5月28日土曜日)掲載

 『別冊關學文藝』52(大阪市中央区内平野町2の3の11の
203澪標内)浅田厚美「ピアトリクス・ポター・マニア(三)」。
この作品も15年から(一)(二)と連載された。英会話や宿泊
の予約など出発準備、一人旅の経緯、私立高校の事務職員朋子を
何かと励ますディビット先生のことなどが、期待と不安をない交
ぜに語られる。
 
 今号は、出発・現地編。独身の朋子は2年前に友だちと行った
英国湖水地方の旅が忘れられず、「ピーターラビット」の英国絵
本作家ピアトリクス・ポターに憧れ、マニアに近い朋子は日本在
住のディビットと互いに高まる恋情と閉鎖的な故郷の村からつか
の間の逃避行を意識しながらポターゆかりの地を滞在型の一人旅
で巡る。鉄道の旅、ポターの生家、草原に家々が点在する「ポス
トオフィス・メドウ」、偶然見つけた「ピアトリクス・ライブラ
リー」などが感性豊かな筆致で描かれている。いよいよ帰国。朋
子はディビットの求愛を受け入れる決心をしていたー。優れた紀
行小説であり、ポターの優れた手引書とも言える。
 
 
 
 

同人誌評
小説同人誌評 「書くことの意味」  
細見和之 『樹林』(平成28年8月1日号)
 今回はベテランの作品に力作が多い印象だった。その代表は『別冊關學文藝』第52号掲載の、森岡久元「埋門(うずみもん)」。江戸時代、中期の後半あたり、天明八年(七八八年)に、江戸の日本橋小伝馬町、小伝馬町牢屋敷で死罪に処せられた一組の男女の物語である。
 女の名前は「おつる」。二十三歳のたばこやの女房であり、一方、男の名前は「庄次郎」で三十才あまり。「牢抜け」(脱獄)した庄次郎をかくまったというのがおつるの罪である。堅気の女房であったおつるは、湯屋で窃盗の罪を犯し入牢する。そこで、やはり未決囚として入牢し、牢名主の立場にあった庄次郎とほのかな出会いを遂げたのだった。
 やがて「過怠牢」と呼ばれる五十日ないし百日の入牢ののち、おつるは娑婆に出るが、ある日、庄次郎が見事に脱獄を果たし、たばこ屋のおつるに会いに来る。そこから二人のめくりめくような逃避行がはじまる。その二人のあとを、まるで踵を接するようにして北町奉行所の鋭敏な同心が追いかける・・・・。
  四百字詰め換算百二十枚ほどの作品だが、どの場面もじつに生き生きとしている。しかし、この小説はたんなるフィクションではなくて、実際の記録にもとづくものの
ようなのである。最初のほうに、語り手「わたし」が伝馬町牢屋敷の平面図を見ていて「埋門」というものを見つけ、それが実際にどのような門であったかを知ろうとしていくつかの文献にあたり、そのうちの一冊『牢獄秘録』のなかで、おつると庄次郎の記録に出会った、と記されているからだ。ただしその記録はわずか二ページのものだったという。そこから、他の文献や記録にあたることで、筆者はこの物語を綴っていったようなのだ。牢屋のなかの制度と習慣、そこでの人間関係、おつるが従事していた当時のたばこ屋の様態、二人の逃避行の道筋と奉行側の対応など、じつに克明で迫真的なのだ。
  いや、ひょっとして『牢獄秘録』という記録書自体がフィクションかもしれないと思えてきて、インターネットで調べてみると、国会図書館のデジタル・コレクションの一冊として、ダウンロード可能なのだった。それを見ると、確かに「大宮無宿大次郎御仕置の事」という項目で、ここに描かれている二人についての記述がある。分量は二ページ半。ただし、作中で「庄次郎とされている名前は項目タイトルのとおり「大次郎」であり、たばこ屋の女房のほうにいたっては、この記録では「名は逸す」とだけ書かれていて、実際の名前は登場しない。たばこ屋の女房のほうは名前までが忘却されている。実際、この「名は逸す」の文字は『牢獄
秘録』の記録を読んでいて、じつに切ない箇所なのだ。つまり、作者はその女房に「おつる」という明確な名前を与えることで、二人の物語をあらためて復元したのである。
  そこで獄死した無数の、文字どおり無名の死者たちに名前を与えること----。それはもとより、たんに名前を具体的に付与することに尽きるのではない。何よりも、それはこのように物語ること、二人の生涯にくっきりとした輪郭を与えることによって果たされるのだ。あらためて「埋門」というタイトルが強い意味を帯びて迫ってこざるをえない。無数の人々の、名前も事跡も埋めている門である。小説というものの意味を強く考えさせてくれる力作だった。 
・・・・・
・・・・・

詩時評  
松本衆司 『樹林』(平成28年8月1日号)
 『別冊關學文藝』第五十二号を読む。二〇〇頁を超える文芸誌の大半は創作やエッセイイだが、詩もある。松村信人氏の「春」を引く。
 
     
   マキちゃんはカウンターに俯せている  / 半年後には百周年を迎えるという 
    / 老舗の薬局もこのところ客足が途絶えがち / 隣の銭湯の跡地には  /
    高層マンションが建った  /  土地の権利や工事の騒音とかで長い間揉めて
   きた   /  建つには建ったマンションに人の気配はない  / 向かいの弁
   当屋が廃業し  /  コンビニが出来た  /  馴染みの電気屋や家具屋も 
    /  いつの間にか姿を消し  /  真新しいテナントビルが姿を現した  
    /  マキちゃんはカウンターに俯せたままだ  /  前の通りを見知らぬ人
    たちばかりが行き来する  /  一本の電話もかかってこない  /  還暦
    を過ぎるまでとうとう独り身で  /  三代目の暖簾を守ってきたというのに
    /  二階の部屋の奥から  /   寝たきりのオカンが呼んでいる  
           
  
 生きる意識も生活習慣も違う。そんな他者の町になった場所のカウンターで、「マキちゃん」は「俯せている」。かつて老いることは豊かな経験を伴った成熟だった。ただ美しい「春」を信仰する現代人に想像力は乏しい。これこそが現代社会の深刻なテーマだ。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

下記の添付ファイルは、

ブログ『柳葉魚庵だより』より。

『別冊關學文藝』第五十二号について紹介していただきました。

太極拳の師、伊奈遊子さんから、別冊關學文藝(第52号)が届きました。伊奈さんは、広告代理店在職中にクライアントから太極拳を勧められ、太極拳を極められた後、伊奈教室を始められ、鉱脈を掘り当てられたような充実した第2のキャリアを送られています。第2のキャリアの中には、執筆活動も含められています。「伊奈文庫」からの採録も、もう12回目になります。今回採り上げているのは、「パルタイ」の倉橋由美子、関学の先輩で夭折した天才詩人の吉田駿介、北杜夫の「少年」、「松山市教育委員会編」の「伝記 正岡子規」です。とくに「伝記 正岡子規」は参考になりました。
そして、昨年末開かれた伊奈遊子作「枯れ木に花を咲かせましょ」出版記念パーティでは、伊奈さんは没後36年の先輩詩人、吉田駿介さんの詩集「それからいくどもいくども昼と夜が」を朗読されたとか、これをみても、別冊關學文藝が若き日の文学への情熱をいかに長く持ち続けている歴史ある同人誌かがわかります。
別冊關學文藝(第52号)には、名村峻氏の「叔父たちの戦争」
が載っています。図書館に残された叔父の戦争体験記を取り寄せ、
その頃の日々を思い出し、叔父たちの戦争を追体験する。そこに
は血の繋がった肉親、親類にしか感じえない、生々しさがありま
す。そして、私たちは、やがてその戦争の影さえ見失ってしまう。
そう著者は警告しているのかもしれません。
 ところで、先日、TVで「ALLWAYS三丁目の夕日」の山
崎監督が最先端のCGの映画監督だと知りました。セットの様子
も映しましたが、そういうわけで、ほとんどセット=ブルーシー
ト、つまり、山崎監督は何もないところに、戦時を描いたのですね。
びっくりしました。しかし、伝統工芸が失われていくにつれ、もの
つくりにおける人間の手の大切さを思います。叔父さんたちが、何
一つ機械も使わず、文字通り手作りで描いた戦争と、CGが描く戦
争、人間の手と頭脳がつくる新たな未来に期待したいです。
 
   叔父たちの戦争今年もあの夏が来る